ハタチの恋人 長澤まさみとは - ハタチの恋人〜長澤まさみ&明石家さんま〜



ハタチの恋人 長澤まさみとは

明石家さんま長澤まさみの主演テレビドラマ「ハタチの恋人」は、放送開始前から大きな話題を呼んでいます。

2007年7月28日〜29日、FNSの27時間テレビの深夜コーナーにおいて、明石家さんま自身の口から、秋からのドラマ「ハタチの恋人」で、長澤まさみと共演することが公表され、その意外性から唖然とした方も少なくなかったようです。

長澤まさみは、本名で、静岡県磐田市出身の女優です。
アイドルとしても活躍しています。堀越高等学校を卒業し、東宝芸能に所属しています。

第5回、東宝シンデレラオーディションに応募し、史上最年少の12歳で、35,153人の中からグランプリに選ばれました。
そのことをきっかけに、芸能界に入り、同年公開された、「クロスファイア」で倉田かおり役として映画デビューを果たします。かなり若いデビューなのは意外な感じがします。まだその頃は知名度が低かったからですね。

そのほか、2001年に「なごり雪」では水田夏帆役、2003年の「黄泉がえり」では森下直美役、「ロボコン」では葉沢里美役で主演を演じます。

その後も「阿修羅のごとく」、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ」、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「深呼吸の必要」、「ゴジラ FINAL WARS」、「タッチ
ラフ ROUGH」、「涙そうそう」、「そのときは彼によろしく」などの映画に出演しています。
この中で特に話題になった、「世界の中心で愛をさけぶ」は、自ら頭を刈り上げ、迫真の演技で、見る人の心を感動の渦で包み込み、大ヒットとなりました。

テレビCMにも、大活躍の長澤まさみに、今後も期待したいですね。

数々の受賞歴を持つ彼女ですから「ハタチの恋人」での演技も楽しみです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © ハタチの恋人〜長澤まさみ&明石家さんま〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます