ハタチの恋人 脚本 - ハタチの恋人〜長澤まさみ&明石家さんま〜



ハタチの恋人 脚本

TBS日曜劇場「ハタチの恋人」のドラマの脚本は吉田紀子さんです。

このドラマは、涙あり笑いありで、ありがちな日常のシーンなかで、色々と考えさせられる、そんなラブコメディです。

吉田紀子さんは、山梨県出身の人気脚本家。
明治大学文学部卒業後、2年間のOLを経て、倉本聰主宰の富良野塾にて脚本のノウハウを学び、その後、脚本家としてデビューし、今日に至ります。

吉田紀子さんのこれまでに手がけた代表的な脚本を見てみましょう。


■連続ドラマ
・1993年(フジテレビ) 悪魔のKISS
・1994年(フジテレビ) 陽のあたる場所   (TBS) 男嫌い
・1997年(フジテレビ)成田離婚
・1998年(TBS) めぐり逢い   (フジテレビ) じんべえ
・2000年(フジテレビ) お見合い結婚    涙をふいて
・2001年(フジテレビ) できちゃった結婚   (TBS)恋を何年休んでますか

・2002年(NHK) 抱きしめたい
・2003年(フジテレビ)Dr.コトー診療所  (TBS) 末っ子長男姉三人
・2005年(フジテレビ)優しい時間    (TBS)恋の時間
・2006年(フジテレビ)Dr.コトー診療所2006

映画では2006年の「涙そうそう」(妻夫木聡・長澤まさみ主演)があります。

こうしてみると、売れっ子の超ベテラン脚本家ということで、安心して見れそうな気がしますね。

 
ドラマの面白さは、演出や出演者も大事ですが、やはり脚本の良し悪しがすべてを決めるように思えます。
 
吉田紀子脚本「ハタチの恋人」、大いに期待ができそうです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © ハタチの恋人〜長澤まさみ&明石家さんま〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます