ハタチの恋人 みどころ - ハタチの恋人〜長澤まさみ&明石家さんま〜



ハタチの恋人 みどころ

TBS日曜劇場 ハタチの恋人のみどころを何でしょうか。

明石家さんまが、ドラマに出演するのは、連続ドラマとしては5年振りのようです。

さんまの相手役は、長澤まさみ長澤まさみは、今や、ドラマやCMに大活躍中の人気女優です。

最近では、「セーラー服と機関銃」でフレッシュな演技を見せてくれました。20年以上も前に薬師丸ひろ子が演じたドラマのリバイバルでしたが、彼女が演じることで、まったく新しいドラマのように蘇りました。また、「プロポーズ大作戦」でも初々しい女子高生役を、可愛く演じてくれました。


私の個人的な見解に過ぎませんが、若手女優のベスト3は、沢尻エリカ綾瀬はるか、そして長澤まさみの3人だと勝手に思っています。


明石家さんまの俳優としての実力は、本職ではないため、台詞回しがやや不自然な感じがしますが、20年前には大ヒットドラマ「男女七人夏物語」に主演するなど、役者暦も長いですから、卒なく役柄をこなしてくれるはずです。


男女七人・・・の共演で大竹しのぶと結婚する契機になったように、この二人の共演は、そういった可能性はないとしても、さんまが日ごろから長澤まさみを理想の女性と公言していることからも、二人の初共演は注目を浴びています。

ストーリーは、少し疲れた50歳の中年男と、若々しい20歳の女の子が出会い、そこから見えてくるそれぞれの人生や生きがいが軸となって展開します。


どこかしらジーンときて、そして笑えて、すべての世代が楽しみながら観ることができるまさに日曜劇場らしいドラマです。

さんま演じる平凡な中年男は、毎日を懸命に働きつつ、そろそろ人生の先が見え始めていた時、長澤まさみ演じる20歳の若い女性と出会います。

中年男の気持ちは、初恋の頃のようなときめきを心に取り戻していた。

一方、恋の経験がない女性は、平凡な中年男に出会い、自分の中に芽生えた苦しくも切ない、よくわからない感情に戸惑い悩んでしまう。

これは果たして、恋なのか?それともただの気の合うオジサンと娘、単なる父性への憧れなのか?

50歳の恋と20歳の愛を二人がどのように演じてくれるのか、一番のみどころです。

ふとした出会いがきっかけになり、それぞれが生きがいを発見して本当の自分に気づいていく物語だといえるでしょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © ハタチの恋人〜長澤まさみ&明石家さんま〜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます